« ひとまずおめでとう! | トップページ | 練習試合がありました。 »

2005年7月29日 (金)

少年サッカーの移籍について

個人的には、賛成です。ちょっとさみしいけど・・・

我がチームは、基本的に地域のこどもたちが参加するエンジョイサッカーチーム。
個人技術があったり、もっともっとうまくなりたい(行く末は真面目にプロを目指したい)子供たちには、やっぱり物足りないこともあるんでしょう。

チーム組織の在り方としては、クラブチームとは違い基本的にボランティアによる編成。
(いつも多大なるご協力を頂き、本当に感謝いたしております。)
仕事などによる諸事情により、なかなかコーチングスタッフの状況も万全とまではいかないものです。
なんとか(かなり無理をしていただいているとは思いますが!)こどもたちに少しでもよりよい状況をつくって行きたいと、チームの会長や、監督・コーチ陣・審判員(親の有志による)は考えています。
そんな状況でも、チーム自体はものすごく弱いわけではなく、みんながんばっています。

最近、チームの中でもものすごくうまいこどもが、ほかの強豪チームに移籍しました。
そのチームは、市内でも常勝で他市強豪チームとの練習試合なども多く、我がチームとのレベル差は現時点では認めざるを得ません。
個人的には、本当に心のそこから、その子を応援しています。
それだけの能力がある子だと思っています。
がんばって、怪我無く高いレベルでやっていってほしいと応援しています。

そこで、理想的な目標として、
我がチームが、子供たちが移籍したくなるようなチームになりたい。
って、思ったんです。

現状からすると、なかなか簡単にはいかないけれど、目標は大きく!!
どんなレベルの子供でも、楽しみながらサッカーをプレーできるのが、とうちゃんの理想。

これから、どうしましょ?
なんかいい案、ないですかね?

|

« ひとまずおめでとう! | トップページ | 練習試合がありました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122282/5212448

この記事へのトラックバック一覧です: 少年サッカーの移籍について:

« ひとまずおめでとう! | トップページ | 練習試合がありました。 »