« チチバナレのとき? | トップページ | 降りる人、優先! »

2006年7月18日 (火)

息子たちの「目標」

昨日、雨天の為中止になった親子サッカー大会の予定を埋めるべく?、
夕方からTVを見ていました。
すると、以前TVの特集で見たことのある少女が画面に映りました。

10007929523_s
小野智華子ちゃん、小学校6年生。
北海道に住む、水泳選手。


番組の予告で彼女が出てきたので、 息子たち二人を呼び寄せ、
彼女が出る番組を見ることにした。

いつもは報道番組だと集中してみない息子たちも、
静かに集中して画面を見ていた。

彼女が出場したトライアスロン大会や
小さい時のホールビデオ
一人での通学の様子
水泳大会に向けた厳しい練習の映像
彼女が参加した大会で最下位になったことを聞いた後の 悔しそうな表情
そして、大会予選を通過した時の嬉しさの溢れた笑顔を、
息子たちはどう受け取っただろう。

常々、息子たちに伝えている
「出来ないことは、恥ずかしいことではない。  やらないことが、最も恥ずかしい。」
と、いうこと。
少しはその意味を、感じ取ることが出来ただろうか。

小野智華子ちゃん。
全盲の日本パラリンピック背泳ぎ金メダルスイマー。

彼女は、息子たちの「目標」になりました。

|

« チチバナレのとき? | トップページ | 降りる人、優先! »

コメント

アンジーさん
お久しぶりです。
あいかわらずの様で、何よりです。
WC ドイツまで行かれたんですね。
すごーーい!
体験されたことをシェアーして頂き、
これからの日本を創る協力をしていただけることを期待しております。

「ブラインドサッカー」
選手たちの奮闘を祈ります。
私達には見えていないものを
見ることが出来るのですね。

自分たちももっともっと、
先に進まなくてはいけませんね。

投稿: とうちゃんありちゃん | 2006年7月20日 (木) 09時08分

ありちゃんおはようございます~
お久しぶりです・・・毎日うっとおしい雨の日ばかりでイヤですね!

全盲の小野智華子ちゃんは知りませんでしたが、色々なところで全盲の選手(子供)が活躍されているんですね。不可能なことは何も無い。勇気を与えてくれる彼らたちですね。

ご存知かもしれませんが、全盲の「ブラインドサッカー」の鳥居健人くん、日本代表に選ばれたのですね。この健人くんには「物体知覚」というものが日々の訓練によって養われたそうです。もし、初めてお聞きのことでしたら私のブログの6月の「ドイツその③6/22(ブラジル戦~ドルトムント)の記事の下の方に書いていますので宜しければご覧ください。

お子さん達もサッカー楽しんでおられるようですね。羨ましいです。

投稿: アンジー | 2006年7月19日 (水) 08時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122282/10996665

この記事へのトラックバック一覧です: 息子たちの「目標」 :

« チチバナレのとき? | トップページ | 降りる人、優先! »