2010年11月11日 (木)

今日の名言 No002 「幸せの条件」

「幸福になる秘訣は、欲張らずに賞賛すること。」

F・H・ブラッドレー (イギリスの哲学者)

経済的な状況に関わらず、世の中は幸せを感じることができる時間を得られます。

人の事よりも自分に興味を持ちましょう。

自分の時間が、どんなに幸せな体験なのかを感じるために

お金はかかりませんよね。

「幸せにはお金より大きな利点が一つある。

友達が貸してほしい、と言わないことだ。」

ジグ・ジグラー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

今日の名言 No.001 家(ホーム)について

久しぶりに、個人ブログを作成しようと思います。

今までに貯まりに貯まった”名言・迷言?”を自分のメモ替わりに書いていこうと思います。

記念すべき第1日目。

「新しい世紀に入ろうとするいま、私たちは古い価値観に回帰しつつあります。

家族や友人とともに過ごすこと、欲得抜きで誰かに手を差し伸べること、

ペースを落として人生の貴重な一瞬を味わうこと。

こうした価値観の大切さが実感できる場所、それが家(ホーム)です。

ただ魂を育むだけでなく、社会が抱える問題を解決するためにも

家(ホーム)を作り上げなくてはなりません。」

ジャック・キャンフィールド (「こころのチキンスープ」共著者)

住まいの設計を生業としている私にとって、

この言葉は出逢う案件全てへの最終目標であり、

私の”社会への奉仕”に於けるミッションそのものとなるものです。

さあ、みなさん!

こころを解放し、しあわせをかみしめるような家(ホーム)に

わが家を育てましょう。

そして、世界で唯一の”わが家”へ帰りましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月27日 (月)

「むにゅ」は不滅です

いつも「名言セラピー」という
「ひすいこうたろう氏」のメルマガをよんでまして、
先日の配信で「むにゅ」がらみの話題が出てました。
下記の映像を是非ご覧下さい。

http://www.freehugs.org/

やっぱり「むにゅ」はすばらしい!
抱きしめあっているのは、果たして肉体的なものだけなのだろうか。
それよりも「こころ」を受け止めあっているのではないだろうか。

この運動が日本にも上陸してほしいが・・・
自分と他人、お互いに認め合い、確かめ合う。
いじめや虐待の根底には、
信じあったり認め合ったりする気持ちの大切さが
必要なのではないだろうか。
HUGしたときの人間の「暖かさ」が、必要なのではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

息子たちの「目標」

昨日、雨天の為中止になった親子サッカー大会の予定を埋めるべく?、
夕方からTVを見ていました。
すると、以前TVの特集で見たことのある少女が画面に映りました。

10007929523_s
小野智華子ちゃん、小学校6年生。
北海道に住む、水泳選手。


番組の予告で彼女が出てきたので、 息子たち二人を呼び寄せ、
彼女が出る番組を見ることにした。

いつもは報道番組だと集中してみない息子たちも、
静かに集中して画面を見ていた。

彼女が出場したトライアスロン大会や
小さい時のホールビデオ
一人での通学の様子
水泳大会に向けた厳しい練習の映像
彼女が参加した大会で最下位になったことを聞いた後の 悔しそうな表情
そして、大会予選を通過した時の嬉しさの溢れた笑顔を、
息子たちはどう受け取っただろう。

常々、息子たちに伝えている
「出来ないことは、恥ずかしいことではない。  やらないことが、最も恥ずかしい。」
と、いうこと。
少しはその意味を、感じ取ることが出来ただろうか。

小野智華子ちゃん。
全盲の日本パラリンピック背泳ぎ金メダルスイマー。

彼女は、息子たちの「目標」になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

大切なひとへ

昨日、神達彩花ちゃんが旅立たれました。

ひとつの大切な命が、大切に思う大勢の気持ちに応援されながら

精一杯のちからで最後まで諦めることなく

がんばられたと思います。

綾花ちゃんに導かれた強い力を、

そして命に対する大切な気持ちを忘れることなく、

彩花ちゃんを応援した全ての人は

毎日を生きていかなければならないと思います。

それが、一生懸命生きてきた綾花ちゃんに対する

使命のように感じました。

彩花ちゃんのご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

にいちゃん、学習発表会

学年での授業参観の日でした。

3年生は、詩の朗読・「もちもちの木」音読・縄跳び・リコーダー演奏と合唱です。

体育館に3年生全員が集まっておこないます。

にいちゃん、「もちもちの木」の音読で一部分をひとりで読みました。

日ごろ大きな声で生活してるからか、なかなか上手く読めてました。

これも、運動をしてるおかげかな。

おとうと君

マラソン大会の年長全体のタイム成績が発表になりました。

2秒差の2位!!

本人は、

「途中で車が近くを通ったときにすこし止まったから、遅くなったんだ!」って。

負けず嫌いは、親譲りでしょうか。・・・

とうちゃんは、

「一緒に走らないと、本当の速さは分からないんだよ」って慰めましたが・・・
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

にいちゃん、踏んじゃった!

とうちゃんは、眼が悪いのだ!

眼鏡がないと、足の感覚で歩きます。

寝ている兄ちゃんの足が、布団の外に「リングアウト」してたのに

とうちゃん気づかず、かかとで踏んじゃったんです。

大事な右足を!!

でも、大丈夫だってにいちゃん笑ってました。

とうちゃんは、足くじいたみたい。

情けない。ごめんね、にいちゃん。

話は変わって、
おとうと君の幼稚園マラソン大会が、本番でした。

20人くらいの4つのグループに分かれた第3グループでスタート。

出だしから飛ばして、ダントツゴール!!!!

ほんと、早いです。

とうちゃんも、付いていけないくらいなんです。(えらい)

なんてったって、とうちゃんは小さいころから「長距離が苦手」。

そんなところで、おとうとくんのがんばりは本当に頼もしいし、すごくうれしい。

おとうと君のがんばり+にいちゃんとの日ごろの運動の賜物です。

これからも、がんばれ!ありちゃんズ!!!




 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年2月22日 (水)

パスワード忘れた!

とうちゃん、大失態!

ココログのパスワードが消えた!

頭の中から、きれいに消えた。

メモ書きも無くなった。

パスワード取得用の秘密の質問も忘れた。

絶対絶命でした。

コメントだけ書けてましたが、ブログ記事自体をUP出来ず・・・・・

なんとか記憶の細ーーーーい糸を手繰り寄せて、

下手な鉄砲も数うちゃ当たるって事で、

機関銃のようにPW入力したが、撃沈されっぱなし。

やっとのことで、PW再入手にたどり着きました。

あーーーー、めでたしめでたし。

みなさんも、気を付けましょう。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

我が家は、あたたかい色してました。

今日、なんとなくデッキに出て居間にいるありちゃんズを眺めてました。

窓を隔てただけなのに、別の世界がそこにありました。

にいちゃん、大きくなったなーー。

でも、まだまだ小さな子供だなー、だってまだ3年生だ。

おとうと君、やっぱりちっちゃいなー。

でも、だんだんしっかりしてきたぞ。

なんて考えてると、うちの中があたたかい色に包まれてるように見えました。

蛍光灯を使ってないからだけではない、そんなやわらかい部屋の灯りでした。

そして、母を亡くした日から一年過ぎたことを、思い出しました。

2005年2月14日から1年・・・

また、新しい旅の始まりです。

きっと、見守ってくれているはずです。あたたかな灯りに包まれながら・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年2月 9日 (木)

ティモシー・ノーブル

とうちゃんが出会った、本当にすばらしい少年。
人生でものすごく大切なことを教えてくれた少年。

リトルリーグ「エンジェルス」に、一番最後の12番目にピックアップされたティモシー。
彼は、「取れない、投げれない、走れない」チームのお荷物的存在。

彼の口癖
「毎日、毎日、うまくなってる」
「絶対、絶対、あきらめない」

自分にある絶対的なハンディーを、他のすべての人たちに隠しながら・・・

そして、シーズン終了目前、ついに目標を達成する。
出会ったすべての人たちに感動を与えながら・・・・

このブログを書きながら、とうちゃんは今にも涙がこぼれそう。
思い出すたびにこころが洗われて、
「この気持ちで子供達と触れ合おう」って、
「少しでもティモシーの気持ちを、感じよう」って思います。

あなたも是非一度
「ティモシー」に出会ってください。
大切な出会いになるはずです。


追伸:ちなみにこの本、相当に売れてますので「BOOK OFF」に在庫があるでしょう。
    探してみてください。

| | コメント (8) | トラックバック (0)